ヒートスリムで冷え性を改善して痩せるブログ!

冷え性だと、むくんだり太ったり、セルライトが付きやすいって(´;ω;`)健康と美容のために冷え性改善する方法を模索!

ヒートスリム42℃は、お風呂の中で使っても大丈夫?貼りっぱなしで入浴するという挑戦(笑)

crowded

 美容大国の韓国発、ダイエットパッチを愛用している私です。

さて、そんな折、お風呂に入るときに剥がすのが、ふと面倒くさくなってしまいました(汗)

 まだ装着してから、4時間くらいしか経過していなかったので、まだ4時間くらいは持つはずだったのです。

 そんなわけで、剥がしてしまうのは勿体ない気もしたので、そのままお風呂の中に身を沈めてしまいましたとさ!

・・・さてどうなったのか!

結論からいうと、これは止めておいた方が良かった(笑)

 

果たして、どうなったのかをご報告しましょう!

 

 

ヒートスリムを付けたまま、お風呂に入ってみた!

 さて、ヒートスリムを貼ったまま湯舟に突入しましたら・・・・

 

まず起こったことは。。。

 

あれ、パッチがなんか熱くなってきてる気がする!!

 

ってことです。

ただもちろん、実際に温度が上がって火傷するっていうことはありません。

ヒートスリムは、あくまでも、成分が内側に浸透することにより、温かくなります。

 

そして、どういうメカニズムなのかは分からないのですが、お湯の熱によって、この成分浸透メカニズムが急速に促進されてしまったのか、

貼っている場所がとっても熱くなってきました!!

(お尻に貼っていたのですが)

 

とはいえ、我慢できない程ではなかったので、そのまましばらくお湯に浸かっていました。

 20分くらい浸かっていたら、熱さは段々とピークからは引いてきました。

 なので、まあ無事ではあったのですが・・。

 

 そして、パッチは、お風呂の中でも、はがれることはなかったです。

ジェルがいい感じでずっと、くっついていてくれました。

これは、なかなか感心したポイント。

 

 けれども、お風呂から上がる頃には、ヒートスリムからは、温熱効果が失われてしまいました(´;ω;`)

 私の予測ですが、たぶんお湯と反応して、閉じ込められていた有効成分が、一気に放出されてしまったのだと思います。その分、成分がお尻にも浸透して、熱くなったのではないかと。

 そんなわけで、入浴中に「ヒートスリム42℃」を付けたままにするのはおススメしません・・・。(そもそも、こんなことする人は少ないかな?)

 

ヒートスリム42℃を剥がした直後にお湯につかると・・

 ちなみに、お風呂に入る直前までヒートスリムを付けておいて、剥がしてすぐに湯舟んに浸かっても、しばらくお腹が熱く感じます。

 これはどういうことなのか分かりません・・。

 もしかすると、お湯によって皮膚が柔らかくなるので、おなかの上に残っていた有効成分が、一気に浸透していくのかもしれませんね。

 なのですが、焦らなくても、しばらくしたらこれはおさまりました。

 特にお風呂から出て肌が赤くなったり、痒かったりということも起きませんでした。

 

ヒートスリムはお風呂に入る前か、後がいいタイミング。

 なので、直前まで付けておく場合は、いったん剥がしてしまうしか方法はなさそうです。

 推奨使用時間は、一日8時間ですので、

  1. お風呂に入る前までに、8時間が経過するようなタイミングで貼る。
  2. お風呂から出てから、貼る。

いつ貼るかというと、この二通りがベストになります。

 お風呂に入るタイミングでいったん剥がして、出たらまた貼るというのも、アリなのではないかという気もしているのですが、今度やってみて、うまくいくのかどうか確認してご報告します!

 

お風呂はNGだけど、運動して汗をかくなら大丈夫 

f:id:honeybushtea:20171017100320j:plain

 ご報告したように、お風呂の中で貼るのはおすすめできませんが、では、同じように体が熱くなって、水(汗)にも触れるという、エクササイズの時はどうでしょうか。

 運動の時は貼りっぱなしでも大丈夫?気になります。

 そこで試してみました。

 

  これを貼ったまま、40分ほどジョギングしてみました。

寒いせいか、意外となかなか汗が出ない。。ですが、終わりの方には、顔からじんわり汗が滲み出すくらいになりました。

 結論からいうと、特に問題なし!

 ヒートスリムが熱く感じられたりなどということは全然ありませんでした。

 

 お風呂に入った時に熱くなったのは、やっぱりお湯に成分が溶け出していったせいなのかもしれません。

 

 運動やウォーキングなど、カロリーを使うような動きをするときにヒートスリムを使用していると、基礎代謝が上がった状態になりますので、より痩せやすい状態を作れます。

 なので、運動中にヒートスリムを貼っておくのはおススメです!

 

・・・ただ、お肌が弱い方もいらっしゃると思うので、様子を見ながらにしてください。もし万が一、熱すぎると感じた時には、いったん剥がすなどした方がいいかもしれません。

 

ヒートスリム42℃は工夫すれば節約できる。

 とはいえ、ネックとしてはヒートスリムは少しお値段が高い・・・というのがありますね。

 使ってみた結果、これはなかなかいい商品!と感じられたのですが、なるべく節約したいのは事実・・・。そこで色々考えました。

 

 ヒートスリム42℃は、お腹に当たる正面部分と、脇腹に巻くことになる両袖部分に分かれています。

 そして、実際はパッケージのイメージよりは大きい感じです。

ヘソ下8センチくらいは届きますし、おなか全体がすっぽりと包み込まれるくらいの幅広さがあります、

 なのですが、実はお腹のなかでも一番脂肪が気になるのって、ヘソ周りだったりしませんか?脇腹って、比較的お肉は付きにくい箇所ですよね。

 なので、私は一枚のシートを3枚に切離して、

一回は、フロント部分のみをお腹にあてて使い、二回目は、両脇部分を、またヘソ周りに貼ってつかいました。 

 これでも全然、気になる下腹部はカバーできる!

 

 こうすると、一パックで、二倍使えることに・・。面積が小さくなるからといって、特に剥がれ落ちたりもしませんでしたので、なかなかいい方法だと思います。

 

ヒートスリム42℃は、どんな人におすすめ?

 ヒートスリム42℃は、お肌が過敏な方は、本格的に使う前に、一時間ごとくらいに様子を見た方がいいかと思います。なので、私は大丈夫でしたが、ちょっとしたことですぐにかぶれてしまう、という人には、あまりおすすめ出来ません。

 敏感肌だけど使ってみたい方の場合は、初回は、一時間ごとくらいにちょっとめくって、お肌の様子を見るといいと思います。また、初回購入時は1パックだけにして、体に合っていたら、まとめて安く購入するという手もあります。

 

 おすすめするのは、

  • 冷え性で困っている
  • おなかやお尻が冷えて、なかなか脂肪が落ちない!
  • 一カ月くらいで、本腰を入れて絶対に痩せたい!

 こんな方々にいいかと思います!

まず、温熱効果が非常に気持ちいです。

言ってみると、「貼る温泉」みたいな感じ(笑)

 それから、お腹やお尻に貼っていると、貼った箇所に意識がいくので、食べ過ぎちゃう気持ちを抑えることができます。

 また、脂肪燃焼をサポートする効果もありますので、数週間~一月くらいで、絶対に体重を落としたい!と気合いを入れてダイエットをする場合は、いい味方になりそうです。

ヒートスリムの口コミはこちら!